教育研修管理室

指導医紹介

脇  昌 子

脇先生

教育研修管理室長(副病院長)
内分泌・代謝内科
昭和54年卒
あなたが描くキャリア像はどのようでしょう?当院では病院の全力を挙げて、多様な夢をもつ研修医を、基本が備わった「一人前」に育てます。多数の救急症例、実践力が鍛えられる地域医療研修、多彩な研修サポートプログラム、そして温かく熱意ある先輩医師たち、と、やる気いっぱいのあなたに「力が付かないはずがない」2年間が待っています。



前 田 明 則

前田先生

教育研修管理室副室長(診療部長)
血液内科
昭和60年卒
もう20年ほど前になりますが、私自身が静岡病院で素晴らしい研修医時代を過ごさせてもらいました。今度は若い先生達に充実した研修生活を送ってもらえるようお手伝いできればと思います。そして研修を終えた先生達に、また静岡病院に戻って来たいと思ってもらえたら幸せです。



水 野 薫 子

水野先生

教育研修管理室副室長(診療部長)
産婦人科
平成元年卒
診断能力や手技を習得するだけでなく、医師として患者と接する人間性も学んでほしいと考えています。どの科に進むにせよ、多くの分野を学べる貴重な時期であり、はじめの数年間は医師としての基礎ができあがる大事な時期です。指示されたことだけでなく、自分で問題点をみつけ指導医を動かすくらいの積極性をもった研修医をお待ちしています。私達もよき道標となるよう努力し、サポートします。



縄 田 隆 三

縄田先生

教育研修管理室副室長(主任科長)
循環器内科
平成元年卒
研修医の2年間は医師としての実力をつけるだけでなく、社会人としての第一歩を踏み出す大切な時期です。当院は症例が豊富なだけでなく、診療科同士の垣根が低くスタッフと若手医師の連携も良好で、さまざまなコミュニケーションスキルを身につけることができます。時には壁に突き当たることもあるかも知れませんが、何でも相談してください。



前のページにもどる