HOME / 医療関係者さまへ / 臨床研修医情報 / 研修生活 / 救急・外来研修

救急外来研修

研修当直

研修風景(研修当直1)

静岡市の救急体制は輪番制をとっており、内科当番、外科当番、小児科当番を順番に行っています。
ひと月のうち20日程度いずれかの当番があり、連休中の当番日では多い時で1日に約100名の患者さんが来院します。
基本的に研修医単独での診療はせず、常に指導医やシニアレジデントと協力しながら行っていきます。

日中救急当番

研修風景(研修当直2)

シニアレジデントとバディを組んで、日勤帯に搬送されてきた救急患者のファーストタッチを行います。
各科医師が院内にいる日中の救急研修なので、専門医からの直接指導が受けやすく、あらゆる科の患者さんの診療を行えます。ただし、救急車が3台以上重なった時は、戦場と化します。

 

研修風景(初診外来)

 

前のページにもどる