HOME / 医療関係者さまへ / 臨床研修医情報 / 臨床研修プログラム

静岡市立静岡病院初期臨床研修プログラム(平成25年度から)

  1. 必修である救急3か月のうち、救急外来・麻酔科・整形外科を各1か月ローテートします。
     
  2. プログラム詳細についてはこちらから
    pdf.png 静岡市立静岡病院初期臨床研修プログラム

臨床研修プログラムの特色

  1. 幅広く、臨床医学の素養を習得するため、内科、外科、麻酔科、救急、小児科、産婦人科、精神科、地域医療を必須とし、選択を8か月とするスーパーローテート方式の研修です。
  2. 屋根瓦体制の下、日中救急、夜間・休日の救急当直を担当、2年間継続的なER型の救急研修を行います。
  3. 指導医とともに初診外来で外来研修をします。
  4. 補助プログラムとして、救急セミナー(2日間)、毎週研修セミナー、シリーズ感染症道場、ケースカンファレンスを開催します。
  5. 研修医専用の部屋と、宿舎をご用意しています。
     
    初期臨床研修プログラム

前のページにもどる