HOME / 診療科のご案内 / 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科の特色

 当科は脳神経外科学会専門医教育認定施設、脳卒中学会専門医教育認定施設の資格を有しており、対象とする疾患は脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などのいわゆる脳卒中)、脳腫瘍(頭蓋内にできる良性および悪性の腫瘍)、頭部外傷、末梢神経疾患(三叉神経痛、顔面痙攣等)など脳神経外科一般です。
 常勤として脳血管内手術専門医が2名おり、脳梗塞のt-PA靜注療法無効例、不適例に対して、デバイスを用いた血栓除去療法や、局所血栓溶解療法を行います。脳動脈瘤に対しても脳動脈瘤塞栓術等の血管内手術が24時間常時可能です。

外来受診

場所
西館1階(外科外来・脳卒中センターの奥)
外来受付時間
月〜金 (祝日・年末年始を除く)8:30〜11:30
外来担当医
外来担当医表へ
外来担当表(2017年10月1日更新)
1診米澤慎悟深澤誠司深澤誠司原 秀石黒光紀
2診原 秀熊谷昌紀(午前)
/米澤慎悟(午後)
石黒光紀

外来としては神経内科とともに脳卒中センターを開いており、初期診断、初期治療等を協同して積極的に対応しています。
また、病院の性質上、重度心疾患等をもっている患者さんも多く、心疾患を合併された患者さんの治療経験も多いことより、他施設よりの紹介も積極的に受け入れています。

救急対応 

 24時間体制で救急治療、手術に対応しています。従来の開頭術のみならず、脳梗塞に対する、血栓除去術やクモ膜下出血時の破裂脳動脈瘤に対する血管内手術も緊急で行うことができます。

主な対象疾患の治療方針 

  1. 脳内出血に対する外科治療は開頭血腫除去術または内視鏡下血腫除去術施行しています。
  2. 脳梗塞に対してはt-PA投与適応例に対しては血栓溶解療法を行い、同治療無効例に対してstent retriever、penumbra system等のdeviceを使用した血栓除去術を施行しています。
  3. 頚部頸動脈狭窄病変に対しては、病変に応じて頸動脈血栓内膜剥離術または頚部ステント留置術を施行しています。
  4. 脳動脈瘤に対しては、開頭によるクリッピング術と血管内手術によるコイル塞栓術を症例に応じ適宜使い分け施行しています。
  5. 脳腫瘍に対してはナビゲーション使用下に術中蛍光法を用いて腫瘍の同定を図り、切除術を施行しています。
  6. 正常圧水頭症に対しても、積極的に対応し症例に応じて脳室心房短絡術、脳室腹腔短絡術、腰椎腹腔短絡術を選択施行しています。

クリニカルパス

 医療の標準化を目指し、質の高い医療の提供と、効率的かつ、患者さんに分かりやすい医療を目指し、クリニカルパスを作成しております。
 院内で承認されたクリニカルパスについて、次のシートを用いて、患者さんに入院中の診療スケジュール等を説明しております。

  1. pdf.png 慢性硬膜下血腫除去術
  2. pdf.png 脳血管撮影
  3. pdf.png 水頭症検査

「静岡市立静岡病院ホームページ」に掲載されている文章、写真、イラスト、画像等の著作権は、静岡市立静岡病院またはコンテンツ提供者の方にあります。これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png