麻酔科

麻酔科の特色

 あなたが手術を受ける際、全く痛みを感じないうちに、あるいは眠ったまま何も知らないうちに、悪いところを治してもらえるのは「麻酔」の力です。
 我々麻酔科医は、文字通り「手術に際しての麻酔」を主な仕事としています。
 あなたが手術を受ける何日も前から、我々はカルテを開き、様々な検査結果を調べ、さらに主治医と打ち合わせをして、あなたの手術に最適な麻酔方法を考えます。時には必要な検査を追加することもあります。
 手術中は、単に麻酔の薬を注射するだけではなく、気管に管を入れて人工呼吸を行ったり、血圧や心拍数の異常に速やかに対処したりします。体温の管理や輸液・輸血を行うのも麻酔科医の仕事です。もちろん手術が終われば呼吸、血圧、心拍数が安定していることや意識が回復していることを確認します。
 さらに、手術後の症状に応じ、手術後も眠ったまま人工呼吸を継続し、血圧・心拍数の補助を行う治療(集中治療)の必要があるかどうか判断します。
 このように、麻酔科医は手術中ひと時もあなたのそばを離れず、安全な手術のためにその専門知識、技術を駆使して、手術という侵襲からあなたの身体を守っています。

宗教上の理由による輸血拒否に対する当科の対応

  当科の対応についての詳細はこちらをご覧ください。
  >宗教上の理由による輸血拒否に対する当科の対応について

後期研修医募集

   
  麻酔科では後期研修医を募集しています。詳細についてはこちらからどうぞ。
  >後期研修医募集について
 


「静岡市立静岡病院ホームページ」に掲載されている文章、写真、イラスト、画像等の著作権は、静岡市立静岡病院またはコンテンツ提供者の方にあります。これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png