HOME / 診療科のご案内 / 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科の特色

 泌尿器科悪性腫瘍の治療をはじめ、 尿路結石、 前立腺肥大症、女性泌尿器科疾患、尿路感染症など泌尿器科疾患一般を幅広く診療対象としています。

腎癌

 腎臓内にとどまっている早期癌であれば、手術による切除が原則です。癌の大きさや位置により、可能な限り腎臓の正常部分を残す腎部分切除術を行いますが、部分切除が難しい場合には、腎臓全体を摘出します。以前からほとんどの手術を腹腔鏡にて行っています。2014年には17件、2015年には23件の腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術を行いました。大静脈内に進展していたり周囲臓器に直接浸潤している進行腎癌に対しては、抗癌剤(分子標的薬)や開腹手術を組み合わせ、良好な治療成績を得ています。

腎盂尿管癌(上部尿路上皮癌)

 原則として、腎臓と尿管を摘出する腎尿管全摘術を行います。悪性度の低い下部尿管癌などでは、尿管部分切除術を行う場合もあります。進行してしまっていて転移がすでにある腎盂尿管癌に対しては、ゲムシタビンシスプラチン療法などの抗癌剤治療を行い、QOL(生活の質)をできるだけ維持できるようにしています。

膀胱癌

 早期であれば内視鏡手術(経尿道的手術)で治癒させることができます。2014年に123件、2015年に134件の経尿道的膀胱腫瘍切除術を行いました。
 内視鏡切除ができない浸潤性膀胱癌に対して、従来では開腹での根治的膀胱全摘術を行ってきましたが、長時間の開腹手術で侵襲が大きかったことから、2014年5月より、条件さえ合えば腹腔鏡での手術を行うようにしました。膀胱を切除してしまうと尿の出口を新たに作成する尿路変更術が必要ですが、当院では回腸利用新膀胱、回腸導管、尿管皮膚瘻の3つの尿路変更について詳しく説明した上で、患者さんの状態や希望に応じてそのどれかを選択するようにしています。
 転移のある膀胱癌に対して抗癌化学療法(ゲムシタビンシスプラチン療法など)を行い、 QOL(生活の質)をできるだけ維持できるようにしています。 。転移がない膀胱癌でも、根治性を高めるために手術前後に抗癌化学療法を行うこともあります。

前立腺癌

 PSA値が高い方を対象に、直腸診、経直腸エコー、前立腺MRIなどを行い、前立腺癌が疑われる場合に、肛門からエコーガイドで前立腺を穿刺し組織を採取する経直腸前立腺針生検を行います。ほとんどの方が外来通院で無麻酔での経直腸前立腺針生検を選択されますが、希望に応じて短期入院、麻酔での生検も可能です。経直腸前立腺針生検で癌が見つからず、それでもPSAが上昇する場合、麻酔をかけて会陰部から穿刺する経会陰前立腺針生検を併用しています。前立腺癌が見つかると、CT、骨シンチグラフィーなどで癌の広がりを確認し、適切な治療方法を検討していきます。
 早期前立腺癌に対して、ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術(RALP)を2013年7月に開始しました。出血量が少なく、低侵襲で、質の高い機能温存が可能となりました。年間約60件のRALPを行っており、開始から2017年7月末までに172件と豊富な治療実績があります。
 転移のある進行前立腺癌にはホルモン療法を行います。2015年に新しいホルモン療法剤イクスタンジ、ザイティガが発売され、去勢抵抗性前立腺癌の患者さんの余命延長に役立っています。ホルモン療法後に再燃した場合には、ドセタキセル、カバジタキセルなどの抗癌剤治療を行います。

その他の泌尿器科領域悪性腫瘍

 精巣腫瘍(セミノーマ、非セミノーマ)に対する高位精巣摘除術、後腹膜リンパ節郭清術、抗癌化学療法(BEP、VIP、TIPなど)、陰茎癌に対する陰茎部分切除術、陰茎全摘術、鼠径リンパ節郭清術、抗癌化学療法などを行っています。

副腎腫瘍

 サイズが大きく増大傾向があり癌が疑われる場合、あるいは副腎ホルモン(カテコラミン、アルドステロン、ステロイドホルモン)が過剰に産生されている場合に、摘出術を行います。ほとんどの副腎腫瘍は腹腔鏡で切除できます。他領域の悪性腫瘍が副腎に転移した場合にも、積極的に腹腔鏡切除を行っています。

尿路結石

 腎結石、尿管結石に対して、体外衝撃波結石破砕(ESWL)、経尿道的尿管結石砕石除去術(TUL)、経皮的尿路結石除去術(PNL)などが可能です。これらを組み合わせて結石の完全摘除を目指すとともに、投薬や生活指導などで再発予防に務めるようにしています。

前立腺肥大症

 α受容体遮断薬(タムスロシン、ユリーフなど)、5α還元酵素阻薬(アボルブ)、PDE阻害薬(ザルティア)などを用いた投薬治療を行っています。手術治療が必要な場合には、生理食塩水を用いた経尿道的前立腺切除術(TURis-P)を行います。抗凝固剤中断が難しい方や、巨大な前立腺肥大症の方には、経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)や経尿道的前立腺レーザー蒸散術(PVP)が可能な他施設に紹介することもできます。

女性泌尿器科領域

 過活動膀胱、神経因性膀胱の患者さんが多数来院します。QOL(生活の質)を重視し、生活指導や投薬を行います。間質性膀胱炎に対して、投薬で改善しない場合に、膀胱水圧拡張術を行っています。
 性器脱に対して、メッシュを膣壁に埋め込んで支えるTVM(Tension-free Vaginal Tape)を行っています。腹圧性尿失禁が骨盤底筋体操指導や投薬で改善しない場合に、尿道をメッシュテープで支えるTOT(TransObuturator Tape)を行っています。

 

外来

場所
東館2階
外来受付時間
月〜金(火・木曜日は予約のみ)8:30〜11:30
外来担当医
外来担当医表へ

 ※月、水、金曜日の午後は完全予約制でストーマ外来やレントゲン検査、前立腺生検、ESWLによる砕石術、面談を行っています。
 ※火、木曜日は手術のため午後の診察はありません。

 
外来担当医

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
1診
2診
初診
松田
新垣
後藤


交替 
後藤
野口
松田


交替 
松田(1・3・5週)/後藤(2・4週)
野口(1・3・5週)/新垣(2・4週)
野口(2・4週)/新垣(1・3・5週)

 

クリニカルパス

 医療の標準化を目指し、質の高い医療の提供と、効率的かつ、患者さんに分かりやすい医療を目指し、クリニカルパスを作成しております。
 院内で承認されたクリニカルパスについて、次のシートを用いて、患者さんに入院中の診療スケジュール等を説明しております。
 

  1. pdf.png 経尿道的膀胱腫瘍切除術

「静岡市立静岡病院ホームページ」に掲載されている文章、写真、イラスト、画像等の著作権は、静岡市立静岡病院またはコンテンツ提供者の方にあります。これらの情報は、「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png