平成21年7月1日以降の入院医療費の計算方法について

 平成21年7月1日より入院される患者さんについて、入院医療費の計算方法が変わりました。
 従来の入院医療費は、お薬や検査、手術といった医療行為それぞれに対し医療費を計算している「出来高方式」でしたが、変更後の計算方式は、病気の種類と処置・手術行為等の組み合わせを国が定めた分類に当てはめて計算する「包括方式(DPC)」となります。

DPC説明図

   平成21年7月1日以降の入院医療費の計算方法

入院医療費=1日当たりの診断分類群別包括点数      
        ×入院日数 ×医療機関係数※ 
        + 手術等の出来高評価
※ 医療機関係数とは病院の機能に応じて病院ごとに定められる一定の係数です。この医療機関別係数により同じ診断、治療でも病院によって医療費の総額が異なりますのでご留意ください。

新しい入院医療費の計算方式に関するQ&A

Q1) すべての入院患者さんがこの制度の適用となるのですか?
A1)主治医が入院患者さんの病名や診療内容によって診断群分類のいずれかに該当すると判断した場合にDPCで医療費を計算します。病名が診断群分類のいずれにも該当しない場合や下記のような場合には、従来の計算方式(出来高方式)となります。
   ・お産、労働災害、公務災害、交通事故(自賠責保険適用)、自由診療で入院される患者さん
   ・病名が診断群分類に該当しない患者さん
   ・入院後24時間以内に亡くなられた患者さん
   ・平成21年7月1日以前から引き続き入院されている患者さん
 
Q2)変更後の計算方式(DPC−診断群分類)の対象になったら、医療費は高くなるのですか?
A2) 医療費については過去の診断群分類の金額の平均値に基づいて算定されていますが、患者さんによって異なります。患者さんの症状や処置内容等によって多少の増減があります。
 
Q3) 医療費の支払い方法はどうかわりますか?
A3) 従来どおり、月ごとの支払い(退院の時は退院時)です。
 
Q4) 高額医療費の取扱いはどうなりますか?
A4) 高額医療費制度の取扱いに関しては、これまでと変わりません。
 
Q5) 特定疾患(公費)を持っていますが、その時の支払いは?
A5) 特定疾患(公費)の病名が入院の主たる治療目的である場合は、包括評価になっても公費適用になります。
 
Q6) 診断群分類とは?
A6) 診断群分類とは約500種類の主要な疾患(病気)を基本として手術、処置、副傷病名の有無などによりさらに1,572種類に分類したものです。
 
Q7)病名が途中で変わった時はどうなりますか?
A7)入院時から診療が進むにつれ、途中で病名が変わった(検査の結果確定した)場合は、入院初日に遡り、確定した病名で医療費の計算をやり直します。
この場合、月をまたがっていた時は、既にお支払いただいた前月までの医療費について、退院月で過不足を調整いたしますので、あらかじめご了承ください。
 
Q8)DPCの対象となる病気でも出来高方式で計算してもらえますか?
A8) 厚生労働省の定めにより、DPCの対象となる病気は出来高方式での計算が出来ません。
 
Q9)複数の病気を治療したり、転科したりした時はどうなりますか?
A9) DPCでは、患者さんの入院期間を通して「最も医療資源を投入した病名」が1日あたりの医療費を決定します。よって、複数の病気を治療したり、転科したりした場合でも、その中から主治医が病名を1つ選んで決定することとなります。
  
                         お問い合わせ先
                         静岡市立静岡病院医事課
                         TEL:054−253−3125

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png