受診・入院のご案内

救急外来のご案内

救急治療室の特徴

 静岡市の救急医療体制は、静岡市急病センターおよび在宅当番医(開業医)が初期救急医療を担い、当院を含む市内の公的病院が輪番制により、入院治療等を要する重症患者に対する2次救急に対応しています。2次救急医療は内科系・外科系・小児科の3系統に分かれており、市内の公的病院のいずれかが毎日輪番で対応しています。3次救急に関しては、医師不足などにより救急救命センター(2カ所)だけでの対応は不可能で、病院間の話し合いと助け合いにより、可能な輪番参加施設が対応しています。当院は2次医療としての救急医療を担う位置付けではありますが、「ことわらない救急医療」をモットーに、24時間365日、軽症の初期救急から最重篤の3次救急まで、幅広く対応することを目指しています。また、当院がかかりつけ病院である“オレンジカード”を持つ患者さんはいつでも(当番日以外も含め)対応する約束となっています。
 別表に示しますように、当院の救急治療室では毎年15,000人程度受診しており、静岡市内の救急患者の15%強を診療していることになります。また、救急車の受入れ数(こども病院を除く総合病院)は市内の救急搬送患者の20%前後を受け入れ診療しています。
 輪番制の当番日では、スタッフから初期臨床研修医の4〜5名で救急当直体制を敷いていますが、急性心筋梗塞、大動脈解離などの循環器疾患については、輪番に関わらず毎日、循環器内科医がCCU当直医として、また常時心臓血管外科医がICU当番、ICU当直を行っており、すぐに対応できる体制にあります。
 

救急治療室へ受診される患者さんへのお願い

 静岡市の公的病院は内科系・外科系・小児科に分けて輪番制を敷いておりますので、外科当番日には外科系医師、内科系当番日には内科医師、小児科当番日には小児科医師を当直に配置しています。従って当番以外の疾患については、質の高い診療を行うことは困難です。そのため、時間外に当院への受診をご希望になる場合には、必ず事前のご連絡をお願いいたします。なお、対応が困難な病状の方には、適切な当番病院をご案内いたします。
 また、当院に継続的に通院されている患者さんは、当番日以外でも原則として診療させていただきますが、この場合も事前にご連絡いただくことや、診療させていただく医師はあくまでも当直医であり通院中の主治医ではないことをご了承願います。
 

救急受付

救急外来の場合は、東館1階の救急受付にて24時間受け付けます。

救急外来
TEL:054−253−3125

外来受付時間:月曜日〜金曜日(祝日・年末年始を除く)8:00〜11:30

car_bunner.png