HOME / 病院について / 部門紹介 / 薬剤部門

薬剤部門

薬剤部門

投薬窓口

調剤業務

 電子カルテを導入したオーダリングシステム(コンピュータを利用して医療情報を伝達するシステム)で処方情報を管理しています。
 安全性確保のため、処方入力時に、アレルギーのチェック、重複投与や相互作用等の簡単なチェックは入るようになっていますが、部内システムにて、さらにきめ細かなチェックができるシステム(相互作用や投与量を確認する)を採用しており、警告が出た場合は、速やかに医師に問い合わせ、必要時処方を見直す作業を行っています。相互作用チェックについては、注射薬についても同様に行っております。
 現在、外来処方については一部を除き、院外処方箋を発行しております。院外の保険薬局にてお薬をお受け取り下さい。

調剤室   散薬調剤   散薬調剤 

注射業務

注射薬自動調剤システム(=ピッキングマシン)を導入して入院患者さん1施用ごとセットしています。
セット済みトレイを収納できるカートで病棟への搬送を行っています。
注射処方監査はもちろん内服処方との相互作用チェック、薬品・トレイの返品処理、病棟・外来の定数配置薬の補充、注射使用に関する現場からの問い合わせの対応等、朝から夕方までマシンと人がフル稼働しています。

注射監査   ピッキングマシン   専用カート

安全ながん化学療法の実施

抗がん剤治療を受ける患者さんに、土日を含め365日体制で薬剤師が薬液の混合調製を行っています。環境や調製者への影響に配慮して写真にあるような安全キャビネットを用いて、清潔・安全かつ迅速に抗がん剤調製が行える環境を整えています。また、外来化学療法室で抗がん剤治療を受けられる患者さんに対しては、常駐する薬剤師が抗がん剤の作用や投与スケジュール、副作用に関してオリジナルのパンフレットを用いて説明を行っています。また、前回の治療における副作用の様子を聞かせて頂くことで現在の支持療法(副作用を和らげる治療)の評価を行い、必要時には支持療法の内容を主治医と検討し、患者の皆さんに、がん化学療法をより安心して受けて頂けるよう取り組んでいます。

安全キャビネット   化学療法室

病棟薬剤業務

薬剤管理一覧

当院では、全病棟に薬剤師を配置しています。
患者さんのお持ちになった(今まで飲んでいた)お薬の服薬状況、アレルギー・副作用歴等を確認し、カルテに記載して全医療スタッフで情報を共有します。
入院後は、どんなお薬が処方されているのか?そのお薬の量や使い方はその患者さんにとって適切か?薬同士の相互利用はないか?等を確認し、必要に応じて医師にお薬の変更・追加・中止を依頼する事もあります。また、患者さんご自身の薬識を高め安心して薬物療法を受けて頂くために、お薬の説明にも伺っています。その後、効果や副作用等の確認のために定期的に伺う場合もあります。
病棟薬剤師は、入院患者さんに良質な薬物療法を提供するため、医師・看護師等の医療スタッフと連携して上記の業務を行なっています。
薬剤師がお伺いした際には、その必要性をご理解の上、ご協力よろしくお願い致します。また、入院中にお薬の事でお困りの事・ご質問等がございましたら、お気軽にお声かけ下さい。

製剤業務

治療上有効で必要ではあるが、採算面から市販されていないものや特殊な薬(安定性が悪く用事調製が必要なものなど)は、医師からの特殊製剤依頼書により、あらかじめ院内委員会で審議・承認後、製剤・供給しています。

DI(ドラッグインフォメーション)業務

DI室

適正使用の為に必要な医薬品情報を収集・整理・評価・保管・提供する業務です。
厚生労働省からの緊急連絡や医薬品メーカーからの警告や添付文書(医療従事者向医薬情報紙)の追加・改訂等のお知らせは、DIニュースとして速やかに院内イントラネット(情報伝達システム)にて情報提供しています。
また、オーダー端末で、いつでも医薬品情報を検索でき、ファイル(PDF)として添付文書も印刷できるようになっています。データの更新は月1回行っています。
院内医薬品集は2年に1回発行し、その間の隔年に追補版を発行しています。携帯サイズでいつでも持ち運びできるよう編集してあります。

物流業務

オーダリングシステムとの連携により、毎日の医薬品使用量を集計し自動で発注データを作成するシステムを用いて効率化をはかっています。各種統計リストを出力することもでき、適正在庫の見直しを行っています。

治験業務

医薬品の開発に係わる治験業務が安全かつ適切に行われるように、CRC(治験コーディネーター)業務、治験薬の管理、関係資料の作成・管理等の業務を行っています。

前のページにもどる