HOME / 病院について / 部門紹介 / 総合相談センター / 総合相談室 看護総合相談

総合相談センター総合相談室

看護総合相談

目的

行政、医療、福祉との連携を密にし患者家族に納得してもらえるケアを提供します。

役割

‘院早期の段階から退院を見据えて、患者様やご家族の希望に添った退院を実施するため、各関連機関との調整を行います。
退院を困難にしている問題を解決し、医療、福祉、保健サービスを活用し、質の高い在宅医療をケアマネージメントします。

看護総合相談では、次のようなご相談をお受けします

  1. 日常生活で注意することを知りたい
  2. 退院後の生活が心配
  3. 介護の方法を知りたい
  4. 一人暮らしを続けたいが不安だ
  5. 介護保険について知りたい
  6. 介護用品を紹介してほしい
  7. 患者様の状態にあった転院先または、施設を探している
  8. 地域保健師、開業医、その他の社会資源の探索と連携
  9. 訪問診療してくれる診療所を探したい
  10. 訪問看護を受けたい
  11. 患者様またはご家族の看護相談、受診相談
  12. 外来療養相談の調整
  13. がんの緩和医療について知りたい
  14. がんの治療に関するお悩み
  15. セカンドオピニオンについて

利用方法

  1. 看護総合相談は総合相談センター 総合相談室の看護師が主に担当します。各種外来における相談、病棟からの相談、患者さんからの相談に応じます。
  2. 相談の内容によっては、関係部署へ相談、または紹介します。
  3. 看護総合相談は無料です。外来療養指導における服薬指導については、指導料が算定できるか否かその都度、薬剤師に確認します。
  4. 相談を受ける場所は、主に総合相談センターのカウンターを使用します。しかし内容によっては、総合相談センターの相談室を使用します。場合によっては、外来、病棟等に赴いて相談を受けます。
  5. 対象者は、当院の受診の有無を問いません。
相談受付時間
月曜日〜金曜日8:30〜17:00

※直接、総合相談センター 総合相談室へお越しいただくか、病院職員にお問い合わせください。

前のページにもどる