HOME / 病院について / 患者さんの権利

病院について

患者さんの権利

当院は「開かれた病院として市民に温かく質の高い医療を提供し、福祉の増進を図ります」の基本理念のもとに、次に掲げる患者さんの権利を尊重した医療の提供をします。

  1. 患者さんは、一人の自立した人間として尊重される権利を有します。
    1. 被害を受けていると感じたときは、医療行為を拒否することもできます。
    2. 当院は、患者さんの人格、価値観を尊重して医療行為を行うよう努めます。
  2. 患者さんは、平等に良質な医療を受ける権利があります。
    1. 当院は、全ての患者さんに対し、その社会的・経済的地位、国籍、宗教などによって差別することなく、平等に適切・安全な医療を提供します。
  3. 患者さんは、医療内容について十分な説明を受ける権利があります。
    1. 当院は、患者さんの症状や治療の方法などを十分に説明し、理解と納得が得られるよう努めます。
  4. 患者さんは、自分が受けている医療の内容を知る権利があります。
    1. 患者さんは、いつでも自分の診療記録について説明を求めることができ、又、開示を請求することができます。
    2. 当院では、患者さんの求めに応じて診療記録の説明や、開示を行っています。
      開示請求を理由に診療上の不利益を受けることもありません。
  5. 患者さんは、診療計画などに自ら参加し、決定する権利があります。また、他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)も聞くことができます。
    1. 当院では、患者さんとの協力関係のもとで納得できる医療の実現に努めます。
  6. 患者さんは、プライバシーを保護される権利があります。
    1. 当院では、個人の秘密や医療に関する個人情報の秘密が保護されるとともに、私的なことにみだりに干渉しないよう厳正に取り扱って行きます。
  7. 患者さんは、医療について改善を求める権利があります。
    1. 患者さんは、十分な医療内容や医療サービスを受けるため、医療改善の活動に参加 する権利があります。
    2. 当院では、患者さんの苦情やご意見を尊重し、改善に努めます。
  8. 患者さんには、適切な医療の実現にご協力をお願いします。
    1. 患者さんは、医療従事者が的確に診断や治療ができるように、自覚症状などをできるだけ正確に伝えてください。医療は本質的に不確実なものであることをご理解の上、医療を受け入れ、医療従事者と共同して病気の克服に努めてください。
    2. 他の患者さんの権利についても留意し、病院内診療業務に支障を与えないように配慮をお願いします。

前のページにもどる