HOME / 病院について / 部門紹介 / 感染管理室

感染管理室

感染管理室

 感染管理室はICD(インフェクション コントロール ドクター)2名と感染管理認定看護師によって構成されています。
 感染症とは、病原微生物が原因となって引き起こされる病気のことです。病院で質の高い医療を提供するためには、病院内での感染症の発生を未然に防ぎ、感染症が発生した際はその拡大を防止することが重要です。すべての感染症が人から人へ伝播するわけではありませんが、適切な感染防止策を行うことによって防ぐことができる感染症も多くあります。
 感染管理室では、病院内で適切な感染症対策ができるようになるために、専門の医師、看護師に加え、専任の薬剤師、臨床検査技師を交えて週に1回ミーティングを行い院内各部署の巡視を行っているほか、職員教育、院内感染対策マニュアルの作成や改訂、院内感染サーベイランス、感染対策や感染症診療に関するコンサルテーション業務を行っています。
 患者さんやご家族をはじめとし、病院職員を含めたすべての人々を感染症の危険から守るために日々活動しています。
 

前のページにもどる