HOME / 病院について / 部門紹介 / 診療情報管理室

診療情報管理室−診療記録_new.jpg

 診療情報管理室は、カルテ・フィルム等の診療記録類や、診療情報を保管・運用し、適正な活用が行われるよう管理している部門です。
 当院では、平成20年より電子カルテが導入されていますが、診療情報のデータに加え、過去の記録および電子カルテ稼働後の紙の記録も併せて管理しており、大切な情報である診療記録類・診療情報を迅速かつ適切に提供できるよう、情報の収集や分類・記録管理を行っています。
 また、必要に応じて、質の高い情報提供ができるよう、知識や技術の向上を図りながら、日々、業務に取り組んでおります。
 

スタッフ

 診療情報管理室では、「*診療情報管理士」の有資格者を中心に、専門スタッフが大切な患者さんの情報の適切な管理を行っています。

*診療情報管理士:ライブラリーとしての診療録を高い精度で機能させ、そこに含まれるデータや情報を加工、分析、編集し活用することにより医療の安全管理、質の向上および病院の経営管理に寄与する専門職業です。

業務内容

  1. 診療記録の記載の確認
  2. 退院サマリー(要約書)、手術記載の記載確認
  3. 診療ファイル(紙の診療記録類)やフィルム、画像CD-R等の記録管理
  4. ICD-コーディング(疾病分類)
  5. 診療記録開示業務
  6. 診療情報提供
  7. 各種照会・回答に関すること(司法機関、保険会社等)
  8. 各種統計業務
  9. 電子カルテの文書構築 等

診療記録保管期間

  • 入院診療ファイル・・・最終来院から 5年間保存
  • 外来診療ファイル・・・最終来院から 10年間保存
  • フィルム (画像)・・・最終来院から 5年間保存

診療記録開示(カルテ開示)について

 当院では、静岡市の個人情報保護条例および情報公開条例を基にした指針に沿って
診療情報提供(カルテ開示)の対応を行っております。
 原則、患者ご本人様からの請求ですが、状況によってご家族様からの申込みも承って
おります。手続き方法のご質問や、開示ご希望の場合には、当室の担当までご相談ください。

業務統計 

>>業務統計についてはこちら

前のページにもどる