HOME / 病院について / 部門紹介 / 看護部門

看護部紹介

看護部門紹介

看護部長のあいさつ

 静岡市立静岡病院は、地域の医療を支える病院として高度急性期医療を提供します。
看護部は「患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します」を理念に掲げ、看護師は患者さん自身がもっている良くなろうとする力を信じ、看護の専門性を発揮し、患者さんが“その人らしく”自立できるよう支援します。
 社会の変化に伴い、看護は「いのちをまもる」「生活を整える」に加え、患者さんが病気をもちながらも地域で安心して生活していけるために「くらしにつなげる」役割も大きくなりました。患者さんが不安なく治療を受け、安心して療養できるためには、やさしさはもちろんですが、看護師ひとり一人の専門職としての実践力を上げていく必要があります。
 看護部では、クリニカルラダーによる教育を行っています。新人は、3ヶ月間の卒後臨床研修から始まり、基礎教育を基に一つ一つ経験を積みながら臨床実践能力を高めていきます。さらに看護の専門性を高める教育によりキャリアアップし、スペシャリストへの支援も整えています。看護師が主体的に自己の能力を開発する力を尊重し、専門職としての向上をめざし、やりがいをもって働き続けられることを大事にしています。また、働き方に対しては「仕事と生活の調和」が図れるために、夜勤の負担を軽減した勤務や休日の確保、育児が両立できるための多様な働き方の取り組みをしています。
 「患者さんが看護に満足され」、「看護師は看護したことに満足できる」ために看護部は支援していきます。

看護部長 吉田佳枝

看護部理念

  1. 患者さんのよりよく生きようとする力を引き出す看護を提供します

看護方針

  1. 人間の生命・人間としての尊厳及び権限及び権利を尊重します。
  2. 患者さんの生命力を最大限に引き出し、生活の質を支える専門職として看護に責任を持ちます。
  3. 患者さんに合わせた細やかな心配りをします。
  4. 看護の専門性を発揮し、他職種との協働・地域医療連携に努めます。
  5. 組織の一員として病院経営に参画します。

教育理念


主体的に自己の能力を開発できる看護師を育成します

教育方針

  1. 看護職として責任ある看護を実践し、評価できる人を育てます。
  2. 看護観を持ち、専門職として常に学習する人を育てます。
  3. 自分の仕事に誇りを持ち、看護を継承できる人を育てます。
  4. 組織の一員として全体的視野で問題を見い出し、解決できる人を育てます。
 

平成29年度 看護部目標

  1. 信頼される看護の提供
  2. 状況変化への柔軟な対応
  3. 健全な病院経営への参画

看護部BSC  戦略目標・計画・成果

財務の視点

病院経営への参画病院方針・運営状況を理解し7:1入院基本料を維持
倫理的配慮のある看護実践
適正な看護必要度入力
勤務時間の管理
看護による診療報酬適正算定
物品・薬品の減耗損を昨年より減少

顧客の視点

信頼される看護の実践「看る・聴く・触る」看護実践|
倫理的配慮のある看護実践
看護職員間の協働強化
看護倫理委員会を中心にした活動継続
アクシデント0
患者満足度調査を指標
チーム医療の強化院内のチーム活動や新しい取り組みへの参画
他職種とのコミュニケーションを円滑し、協働する
他部門とのカンファレンス開催
チーム活動への参画状況
認知症ケア加算算定への取り組み
入退院支援室の運営実績
地域との連携社会・医療情勢の変化に対応
患者家族の意思決定を尊重した退院支援
継続看護の充実
多職種共同カンファレンスの開催
地域の看護・介護機関等での研修
患者満足度調査結果を指標

内部プロセスの視点

組織強化看護の質が保障されるチーム力の強化
共に成長できる教育環境を強化
有事の際の適切な対応
患者満足度調査結果を指標
職務満足度調査結果を指標
災害時対策
働き続ける職場環境づくり円滑なコミュニケーションがはかれる職場風土
ワークライフバランスのための時間管理を強化
職務満足度調査を指標
離職率1割程度
時間外勤務の縮減

学習と成長の視点

質の高い人材の確保実習生や見学者に看護を伝える
求人活動の継続
倫理や看護に関するカンファレンスの開催
広報活動、見学者・インターンシップ参加者の増加
看護専門職としての実践力強化研究的な取り組みを支援する
主体的な研修参加を推進・支援
クリニカルラダーの見直し
認定看護師活動の拡大
外部への演題発表数を指標
職務満足度調査結果を指標
現状に即したキャリア研修の再構築
認定看護師による研修会開催
看護専門職として働く看護業務基準に基づく看護を実践する
看護技術を磨く
患者満足度調査結果を指標
職務満足度調査結果を指標
採用情報

前のページにもどる