HOME / 病院について / 病院の沿革

病院について

病院の沿革

明治2年追手町四ツ足御門外に藩立駿府病院として開設
明治9年公立静岡病院として屋形町で開院(県立)
明治15年県立から郡立(有度・安倍郡)に移管
明治22年静岡市制施行に伴い静岡市に移管
明治38年市立静岡病院と改称
昭和20年戦災により焼失
昭和21年隣保館(巴町59番地)を改築して仮病院とする
昭和26年追手町10番93号(現在地)に移転
昭和49年本館(旧東館)竣工
昭和60年病院建設工事施工(4か年継続事業)
昭和62年第1期西館高層棟完成
平成元年第2期低層棟、立体駐車場、東館改修工事完成
平成2年オープンシステム(開放型病院)実施
平成3年心電図伝送システム導入
平成7年オーダリングシステム稼働
平成15年新静岡市にて開設
平成15年(財)日本医療機能評価機構の病院機能評価認定審査に合格
平成15年地域医療支援室を設置
平成18年地域医療支援病院の承認を取得
平成19年地域がん診療連携拠点病院の指定
平成19年肝疾患診療連携拠点病院の指定
平成20年東館竣工
平成20年電子カルテシステム稼働
平成20年(財)日本医療機能評価機構の病院機能評価認定更新(Ver.5)
平成21年DPC対象病院
平成22年病院専用駐車場竣工
平成25年ハイブリット手術室稼働
平成25年内視鏡下手術用ロボット(ダ・ヴィンチ)稼働
平成25年(財)日本医療機能評価機構の病院機能評価機能種別版認定更新(Ver.1.0)
平成25年災害拠点病院の指定
平成26年経カテーテル大動脈弁置換術開始
平成28年地方独立行政法人としてスタート

前のページにもどる